ウォーターサーバーについて知っておくこと

ロゴ
トップページ
<ウォーターサーバーを設置するのに気になること>
最近では自宅でウォーターサーバーを設置されている家庭も増えてきています。 自宅まで重たいお水を届けてくれるので、マンションなどの高層階に住んでいる方や、女性の方などに重宝がられているようです。 そこで、これからウォーターサーバーを設置しようと思われている方に、知っておくといいことをお話していきたいと思います。 まず、サーバーに設置するお水には二つのタイプがあります。 ひとつは、ガロンボトルといわれるペットボトルよりも丈夫な素材でつくられているタイプのもの。 そして、もうひとつはワンウェイタイプと言われる、お水が減ってくるとボトルが潰れてくるタイプのものがあります。 ガロンボトルではお水を出すと、ゴボゴボッと音がするのを聞いたことがありませんか。 あれは、給水時に空気がボトル内に入り混んでいる音なのです。 その際に空気と一緒に雑菌なども入り込むこともあるので、最近では衛生面からワンウェイボトルが人気になってきているようです。 そして、ウォーターサーバーを設置するのに気になることは、サーバーにかかる電気代ではないでしょうか。 従来のウォーターサーバーでは、ひと月にかかる電気代は1,000円ちょっとと言われていました。 ですが、最近のサーバーは節電タイプのものになっていて、ひと月の電気代は800円前後のものも出てきています。 そして、会社によってはサーバーのレンタル料が必要な場合もありますし、無料のところもあります。 レンタル料がかかるところは数年毎にサーバーを交換してくれますが、無料のところはサーバーの交換はありません。 このことから、サーバーを選ぶ際には、設置にかかる諸費用がどれぐらいなのかをウォーターサーバー 比較して選んでいくといいですよ。

<家庭でも使えるウォーターサーバー>
数年前までは、ウォーターサーバーと言えば病院とか公共施設での利用がメインで、家庭ではペットボトルの水を買って来て飲むというのが一般的でした。 しかし現在ではそうではなく、家庭でもサーバーを設置している人が増えてきています。 しかも、既にかなりコンパクトになっているので、それほど場所を必要とはしません。 コンセントが近くにある必要は有りますが、それがあればちょっとしたスペースがあれば置く事が出来ます。 しかも、床置きがなかなかできないという人でも、卓上タイプもあるのでそちらを使えば大丈夫です。 ところで、ウォーターサーバーと言っても飲める水は様々だという事をご存知ですか。 勿論それで飲める水は全て安全性が保障されている物、しかも体に良いものばかりです。 ただ硬水と軟水等があるので、それを飲む人によって選ぶものを変えてみましょう。 特に赤ちゃんのミルクを作るという予定がある人は、軟水を選ぶのがお勧めです。 (硬水だと赤ちゃんがミネラル過多になってしまう可能性があります)大人も子どもも、もちろんお年寄りも赤ちゃんも使えるミネラルウォーターは、健康に留意する現代人にとっておすすめの品です。 導入を検討している人は、是非それぞれのメーカーの水の違い等を ウォーターサーバー おすすめをチェックしてみてはいかがでしょうか。 そして、自分の希望に合っている水質の物を選ぶようにしましょう。 手軽にお水もお湯も使える状態になるので、今までよりもより生活が便利になるはずです。



Copyright(c) ウォーターサーバーについて知っておくこと. All right reserved.